実戦詰将棋(7手詰)・その6|守り駒を外して押し切る

7手詰
この記事は約1分で読めます。

32の玉を7手で詰ます手順を考えてください。

ルール:連続王手で詰ましてください。禁じ手(二歩や打ち歩詰め等)はだめです。持ち駒は余っても構いません。

※実践のため解答は複数存在する場合があります。

解答と解説は下にあります。

 

解答・解説

解答例:▲52竜△同馬▲33桂成△同桂▲同角成△41玉▲32銀打までの7手詰となります。

この問題では初手▲52竜と捨てる手が好手です。

相手は4筋にすでに歩がいるため△42歩打として受けることができないため、△同馬と取るしかありません。

しかし、相手は△同馬としたことにより、33の地点に利いてる駒の枚数が少なくなります。

これで自分の駒の枚数の方が相手より上回ったので、▲33桂成から詰みとなります。

実戦詰将棋(7手詰)・その7|闇雲に王手しない
32の玉を7手で詰ます手順を考えてください。 ルール:連続王手で詰ましてください。禁じ手(二歩や打ち歩詰め等)はだめです。持ち駒は余っても構いません。 ※実践のため解答は複数存在する場合があります。 解答と解説は下にありま...

次の問題です。よかったら挑戦してみて下さい!




コメント