✓Amazon ゲーム売れ筋ランキング

ソロランクでダイヤに上がるには?立ち回りのコツと意識したこと7つ【Apex Legends】

Apex Legends
Apex Legends
この記事は約4分で読めます。

※プラチナ帯で詰まっている人が対象の記事です。

シーズン6から真剣にApexを遊び始めて、
ついにソロでダイヤランクに行くことができました。(めっちゃ疲れた…)

戦績

戦績は普通かそれ以下ぐらいのレベルですが、こんな私でもダイヤランクに行けるので、この記事を読んでいるあなたも絶対に行けます。

私はプラチナ2→プラチナ1になるのにすごく苦労しましたが、ここを突破するためにしてきたことや意識したことを今回記事にしていこうと思います。

野良での立ち回りについて

立ち回りで意識したこと・仲間に期待しない

・自分が仲間の動きに合わせる

・常に仲間の近くにいる
・リロード中は仲間の位置を確認

・仲間を先に行かせる

・仲間が使ってる武器の把握

・なるべく高い位置を取る

↑まとめるとこんな感じです。

まず、味方がカバーしてくれる、助けてくれるという期待はしないでください。(何度裏切られたことか…)仲間は助けてくれませんが、あなたは仲間を助けることができます。なので、自分が仲間に合わせた動きをすることが大事です

仲間に合わせて動く

このシーンは扉の先に敵チームがいて、味方が中に入れない状態です。味方が攻めたがっているので、私が空気を読んでドームを作り中に侵入しました。

このように”今、味方がどうしたいか”を考え自分にできる最善の行動をしましょう。消極的な味方のときは、ガンガン攻めるよりも有利な位置を取ってそこを守る戦いかたをしましょう。

リロード中に味方の位置を確認する

上記の動画の1シーンですが、リロード中に仲間の位置・状況を確認し、行動を選択します。

自分が味方から離れすぎていたら一度引いたり、前線で戦っていたら助けに行きます。この時は全員が良い距離感で戦えていたので、私はそのまま詰めました。

仲間を先に戦場に行かせる

敵の位置が分からない時は仲間を先に行かせて状況を把握します

めちゃくちゃ酷いことをしてるようですが、自分がやられてしまっては元も子もありません。ここは人間をやめる覚悟で、味方を戦場へ駆り立てます。

遮蔽物は絶対に使う

基礎中の基礎なので説明は不要だと思いますが、やはり射線を切れるオブジェクトは利用すべきです。1本だけ生えてる木でも利用しましょう。

攻める時も味方の状況を確認

敵を一人ダウンさせたところです。パーティーならボイチャで「一緒に詰めよう!」と言えますが、ソロは空気を読まないといけないので、味方が詰めれる状態か確認する必要があります。

この時は味方が近くにいて、前をしっかり向いていたので詰めれると判断し、詰めて倒すことができました。もしこの時に味方が回復をしたりしていたら、攻めたい気持ちをグッとこらえて待ちます。

ソロで使えるレジェンド(キャラクター)

おすすめレジェンド1.ジブラルタル

2.レイス

3.ブラッドハウンド

ジブラルタルは頭を守れるガンシールド、弾を完全に防ぐドーム、空爆…とめちゃくちゃ強いスキルを3つも持っています。仲間がジブラルタルを選んでなかったら絶対に使うべきキャラクターです。

レイスは仲間を安全に移動させられるポータルが魅力的なキャラクター。ジブラルタルが取られたときに使用していました。

ブラッドハウンドの枠は正直だれでもいいですが、ジブラルタルとレイスが取られたときに使用していました。敵の位置を完全に把握できるソナーが強すぎるキャラクターです。

シーズン8はレブナント、オクタンもあり!

ジャンプパッドの仕様が変更されたことにより、レブナントとオクタンの組み合わせが強くなりました。もし野良がどちらかを使っていたら、あなたがオクタンかレブナントを選択するのもいいと思います。

使う武器について

ソロでは仲間に合わせた動きが大事なため、仲間が使っていない武器を選ぶべきです。インベントリの左下には仲間が使っている武器の種類が映っています

仲間と同じ種類の武器を使っていると、弾の取り合いになってしまい。戦えなくなってしまうので、この情報をもとに自分が使う武器を選びましょう。(画像の場合だと誰もヘビー系の武器を使ってないので、ヘビー系の武器を持った方がいい)

そして、ソロではスナイパーは持たない方がいいでしょう。プラチナ帯から漁夫がひどくなるため、連戦に向いてる武器【アサルトライフル、サブマシンガン、ショットガン】がおすすめです。

苦手武器は克服しておくべき

フラットライン、ディヴォーション、ハボック辺りはリコイル制御が難しいので、苦手意識を持つ方が多いと思います。(私はフラットラインがすごく苦手でした…)

最初に拾う武器が得意な武器とは限らないので、どんな武器でも戦えるように練習しておきましょう。

ソロでダイヤに行くためにやったこと、意識したことは以上です。プラチナ3に上がれれば絶対にダイヤには行くことができる実力なので頑張ってください!

コメント