【居飛車党必見】歩を二枚持ってるときに使える端攻め

将棋

今回解説する端攻めは

・3筋の歩が切れている

・手駒に歩が2枚ある

この二つの条件が揃っている場合のみ使える端攻めです。

それでは一手ずつ解説していきます。

 

端攻めを狙う時は桂馬を活用することがとても多いです。

相手の角を狙いつつ桂馬を跳ねましょう。相手は2二や4二に角を逃げなければなりませんが、今回は△2二角と引いた局面で解説していきます。

 

続いて▲1五歩と突き捨てます。

 

相手が△同歩としてくれたら持ち駒の歩を使って▲1三歩打と指しましょう。これが端攻めの基本手筋です。

こちらには次に▲1五香と攻める手があるので、相手は1三の歩を何とかして排除しなければいけません。

ここで相手には次の手が考えられます。

相手の候補手・△同桂

・△同香

それではこの二つの変化を見ていきます。

 

スポンサードリンク

桂馬で取ってきた場合

▲1三歩打に対して相手が△同桂としてきたら、▲3三歩打と二枚目の歩を打ちましょう。この歩を打つことで相手の陣形を乱すことができ、こちら側の優勢と言えます。

 

香車で取ってきた場合

▲1三歩打△同香で取ってきた場合も構わずに▲3三歩打で問題ありません。

相手が▲3三歩△同桂として取り返してきたら1三の地点に利いてる駒が相手の角1枚だけになるので、▲1三桂成から攻め倒しましょう!

これで端を突破することができました。

形勢はこちらの大優勢と言えるでしょう。

 

今回の解説は以上で終了です。

また何か端攻めで気づいたことがあれば解説記事を投稿します。

コメント