今すぐできる!!お腹が鳴るのを絶対に止める方法2選+α

雑記

こんにちは!

突然ですが、学校の授業中や会社の会議中に「ギュゥゥゥゥルルルルフ」ってお腹が鳴ってしまったら恥ずかしいですよね!!

「朝ごはん食べてくればよかった(ノД`)」なんて後悔しても状況は何も変わりませんし、また必死に心の中で「鳴るな!鳴らないでくれ!!」と念じても不思議なことになぜか鳴ってしまいます。。

お昼休憩まで我慢できないよぉ~(><)

でももう安心です、今回私が高校生時代の時に友人と発見した99.8%音を鳴らさない緊急手段が2選と+αあるのでアナタに伝授します。

100%って本当は言いたいけど、念のため保険をかけておきます(笑)

また検証した人数は少ないので信ぴょう性は低いです。残念ながら
ですのでアナタに実際にコレら方法を試して頂きたいですm(_ _)m

スポンサードリンク

唾を飲む

第一の方法として唾(唾液)をたくさん飲んでください、5回でも10回でも空腹が収まるまで。

は?馬鹿にしてんのか!

個人的な見解ですが、思い出してみてください『湯船の線を抜いた時』のことを…
あっ!もうお湯が無くなるって瞬間

ゴボッ!!ゴボボボボボボ!!ゴガァァァ!!!

って音がしますよね?これがお腹が鳴る原因?正体だと考えました。
お湯が無くなるか無くならないかの時、排水口にお湯と空気が同時に侵入してしまうため音がでる。

胃袋の中でも同じことが起きているとしたら、分かりますよね?
そう、胃の排水口(名称が分からない)に空気を侵入させないように唾で覆うのです。

この考えがまさに正解だったのか、音が鳴るのを防ぐことに成功しました!!

でも、そんな直ぐに唾液なんて出ないよ!!
という方に次の方法。

私自身愛用してるので是非オススメしたい。

 

お腹の中を真空状態にする

高校のとき物理のコースを専攻していて、真空の実験をしている時にヒラめいた方法です。

口からお腹の中の空気を全てはき出すイメージで抜いてください。

真空状態なら音が響かないということは知っていると思います。響かせるには振動するための空気が必要なので

それなら、胃の中も真空状態にしたら音が鳴らないのでは?と思い実際に試したらこれがまた的中!
見事空腹の腹鳴り地獄から救われました!

注意点としては頑張りすぎないでください!

息をはき続けるのでとても苦しいと思います、あなたの命が第一ですので無理はしないように☝️

 

+α

これで私の緊急手段2選は紹介し終わりました、最後に+α(アドバイス)を言って〆たいと思います。

お腹の音を止めるために最も重要なことは、「絶対に鳴らない!」という自信と確信を持つ事です。
「鳴らないでぇ~(;_;)」なんて弱気になればなるほど音はなりますよ。

この記事が参考になってくらたらとても幸いです^^*

閲覧ありがとうございました。

コメント