【PS4】本体ストレージを増やす方法を2つ解説【容量が足りない人向け】

ゲーム
ゲーム R6S MHW Fortnite
この記事は約3分で読めます。

本体ストレージがパンパンで新しいゲームがダウンロードできない…

FortniteやApexをインストールするには、だいたい90GBほどの空き容量が必要です。

私は500GBのPS4で遊んでいますが、遊ぶゲームが増えてくると、どうしても容量が足りなくなってきます。(CoDのバトロワで遊ぶには、100GBほどの空きストレージが必要)

そこで今回は、私が日ごろ行っている「本体ストレージの増やし方」を解説していきます。

スポンサーリンク

アプリケーションを削除して増やす

PS4本体に保存してある「キャプチャ画像」や「動画」を消してストレージを増やす方法もありますが、遊ばなくなったゲームを削除してストレージを増やす方法が最も効率がいいです。

セーブデータは消える?
アプリケーションデータとセーブデータは分けて保管されているので、アプリケーションを消してもセーブデータが消えることはありません。再度ダウンロードすれば、続きから遊ぶことができます。

 

まず、PS4のホーム画面から「設定」を選択します。

 

たくさん項目が出てきますが、下の方にある「ストレージ」を選択。

 

「本体ストレージ」を選択。

 

この画面だと、ストレージの半分以上をアプリケーションが占めていることが分かると思います。遊ばなくなったゲームを消していきましょう。

「アプリケーション」を選択してください。

 

遊ばなくなったゲームの所で、コントローラの「OPTIONSボタン」を押して、削除したいゲームを選んで「削除」を選択します。

 

これで、本体ストレージを増やすことができました。

 

外付けSSDでストレージを増やす

外付けハードディスクやSSDを使って、物理的にストレージを増やすのも一つの手です。

PS4に直接挿して、[設定]>[周辺機器]>[USBストレージ機器]>[拡張ストレージとしてフォーマットする]で簡単に使えます。

またSSDにゲームデータを移せば、ゲームのローディングが短くなり、快適にプレイすることができます。(ハードディスクは速くなりません)

一応、PS4で使えるUSBストレージ機器の条件は下記の通りです。

ストレージ機器の条件
・USB 3.0以上に対応
・容量が250GB以上、8TB以下
・PS4に直接接続している

以上で解説を終わりにします。

コメント