【WordPress】SSL化したら内部リンクはどうなる?URLを簡単に更新する方法

ブログ運営

こんにちは!

ブログのURLを『http→https』に変更したら内部リンクはどうなるの?

って疑問に思いますよね。

実際、すべての内部リンクを変更した方がいいです。URLを変更しなくても内部リンクは押せますが、httpのままなので、保護されないまま表示されてしまいます。

 

 

 

これは私がSSL化、つまりhttpからhttpsに変更した直後のものです。この段階ではまだ内部リンクを変更していませんが、問題なく表示されています。

では、これをクリックしてみると…

 

 

問題なくリンク先には飛びましたが、上のURLを見て下さい。

先ほどまでhttpsまで入っていて保護されていましたが、鍵のマークが消えています。

そう、サイトにはhttpとhttpsの二通りで接続できるようになっているので、全てのページを保護したい場合、記事内に書いた内部リンクは全て変更する必要があるのです!!

 

記事数が10記事とか少ない人は手作業で治せますが、100記事、200記事と記事数が多い場合、かなりめんどくさい(笑)

それを一瞬で解決してくれるのが『Search Regex』というプラグインです。

今回はその使い方を解説します。

スポンサードリンク

Search Regexの使い方

 

では、ワードプレスを立ち上げて【プラグイン】→【新規追加】を選択したら、検索窓のところに『Search Regex』と入力して検索しましょう。

Search Regexをインストールしたら有効化を選択してください。

 

 

画像のように【ツール】から【Search Regex】を選択しましょう。

 

 

するとこんな画面になるので、①に前のブログURLを入力し②にhttps化後のURLを入力してください。最後に③をクリックすれば完了です。

 

これだけで全ての内部リンクがhttpsのURLに変更されます!

では確認をしましょう。

 

はい!先ほどの内部リンクから記事を開きましたが、しっかり保護されていますね!

今回の説明は以上です。最後まで読んで下さりありがとうございました!

コメント