【将棋初心者必見】画像付きだからよく分かる!桂馬を使いこなす

みなさんこんにちは!

前回の初心者向け講座では「歩の手筋」を紹介しましたが、今回は別の駒での手筋?というよりも、これは使える!!といった角・飛車という強力な駒を捕獲できる手筋を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ふんどしの桂

桂馬は動ける場所が2か所しかなくて頼りない駒です。

しかし、頼りない駒だからと言って侮ってはいけません!

桂馬には桂馬にしかできない技があります、その名も「ふんどしの桂」です。

どういうものなのかを簡単に説明すると桂馬で両取り(りょうどり)をかけることです。このブログで両取りが出てくるのは初めてでしたね。

両取りとは、自分の駒1枚で相手の駒を二枚以上攻撃することで、どちらかが動いても二枚のうちのどれかは必ず取れます・・・わかりづらくてごめんなさい(´;ω;`)  

 

画像を見てください

 

これが両取りの格好です、飛車を動けば角が取られ、逆に角が動けば飛車が取られてしまいます、つまりどちらか一方は絶対取られてしまうということです!

これ、すごく相手からしたら嫌ですよね?

相手にとってされたら嫌な手をどんどん自分で考えて指せるようになりましょう。

しかし注意して欲しい点が1つだけあります、、、おっ!両取りだから桂馬打っちゃえ!! と思って打ってしまったこの局面。

え?どこを注意するの?と思うかもしれませんが、これどちらにも逃げられてしまいます。

将棋は一手ごと交互に打つんだからどっちかは取れるよ!

いやいや(笑)確かにそうですね、では相手がこう指してきたらどうなりますかね。↓

王手してきました!王様は取られるとそこで試合終了なので逃げます。

が!!

手番が相手に渡り飛車が逃げられてしまい桂馬が不発に終わる・・・なんてことが初心者のうちにはよくあるので!!王様の位置などちゃんと確認してから両取りを考えましょうヽ(*´∀`)ノソースは私です(笑)

ではさっそく両取りの仕掛け方を考えてみましょうか!次の図から手駒に桂馬 があるのでこれらを使いこなして両取りを掛けて見ましょう。

 

まあ、大局中にこういう局面になるかというと微妙なところですけれども考えやすくするためにこういう局面にしてみました!ぱっと見た時にに両取りが掛かりそうですが飛車に取られますね、、ので前回の手筋で教えた叩きの歩を使って飛車をおびき出します。

 

焦点の歩(しょうてんのふ)というやつです。

この場合次に飛車が絶対取られてしまうので飛車か金でこの歩を取らなくてはいけないのですが・・・今回は飛車で取ります!

 

飛車が前に出てきました!ここで手駒に桂馬がいるので決めちゃいましょう!!このように歩と桂馬といった小駒たちだけで飛車と角取れてしまうので大局中もずっとこういうコンボを考えてどんどん使っていきましょう(*^^*)

桂頭の歩(けいとうのふ)

うーん、、、この手筋は歩の手筋に含まれるとは思うんですが、桂馬に関することなのでここで紹介させていただきます!!

この手筋は守りの部類の手筋です。

画像を見てください。

現在このような局面で、自分の手番です。

次に相手の手としては桂得をしたいので

 

桂の頭に歩を打ってくる手があり、これはもう劣勢です…

この手を防ぐ時に出てくるのが、桂頭の歩です!

 

 

これが桂頭の歩、相手は香車を取られたくないので、当然同香として歩をとってきます。

 

すると相手がさっきまで打ちたかった所に香がいるので、歩を打つことができず、桂馬が歩で取られることがなくなったので優勢とはいいませんが、互角で全然いいです。

地味な手筋ですが、使えたらもう上級者だとおもいます!!初段の僕が言うのも何ですが…

 

まとめ

地元の将棋クラブにはまだ2回しか行ってないんですけど2級に上がりました!今のところ17勝3敗の好成績です(笑)私はもう初段が近くなってきました、皆さんも公式の将棋アプリ将棋ウォーズ(無料)などインストールして腕を磨くのもいいと思います。

コメント

  1. ビースト先輩 より:

    あーいいっすねぇ