【将棋ウォーズ】初段までの道のり〜格上二段襲来〜【第2局目】

将棋
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!

 

将棋ウォーズで初段目指して頑張る日記感覚で記録を残していきます(´∀`)

 

マッチング設定は毎回【かなり強め】でやっていきます!

はやく初段になりたいからね!

 

スポンサードリンク

第二局目

前回は同じ2級の方と当たりましたが、今回は格上の二段の格上の方とマッチングしました。

 

【かなり強め】で設定してあるからこのぐらいの相手が出てきても不思議じゃないね。

 

ここで勝つことが出来れば相当達成率が上がるとおもう!

 

自分が先手盤に決まりました。

ラッキー🍀

 

 

相手の得意戦法は石田流という事で振り飛車党の方ですね、石田流は破壊力があるのでちょっと怖いです。

 

 

初手▲2六歩と前回と同じ出だしにしました、後手△3四歩と角道オープン!!

 

 

こちらも角道を開けるため▲7六歩と突くと△4四歩と角道を止めてきたので振り飛車の可能性大ですな。

 

 

数手進んでこの局面

やはり飛車を振ってきて三間飛車!!

 

石田流は三間飛車の戦法だから相手は本気で潰しに来てるよぉ(∩´﹏`∩)

 

コンピューターと練習対局するときは相居飛車でしか指してないので、対抗型になったら何をしたらいいのかあまり分かってません笑

 

 

相手が守の銀を立てて美濃囲いの形にしているので、結構早めに仕掛けてくるのではないかと思い、こちらは穴熊に囲うのは諦め銀冠で対抗することにしました。

 

 

相手が4筋に飛車を振り直し、歩を突いて攻めてきたので銀を上がって4筋を守ります。

 

 

カウンター狙いで自分も飛車を4筋に動かしましたが、相手の罠にハマってしまうことになります(・_・、)

 

相手が△7五歩と玉頭攻めをしてきて、こちらは▲同歩

 

角と角が睨み合う形になった瞬間

 

 

バッサリ!!と交換してきて3九に角を打たれてしまい、相手に馬を作らせてしまいました(TT)

ここまで読んでの▲7五だったとは…流石二段様です。。。

 

 

とまあ、めちゃくちゃ劣勢な訳なんですが。

 

 

ここで諦めて投了するのも勿体ないので頑張れるところまで頑張ってこの局面

 

 

さっきまで自陣にいた飛車がなぜか3一まで移動しました笑

 

でも相手は飛車の攻めに強い美濃囲いに組んでるし、どうしようかと考えてたんですが、この▲5四角が最強の一手になった訳です!!

 

 

自分はとりあえず攻防の手として この角を打った訳ですが、実はあることに相手が気づかなければ大逆転することに…!!

 

気づいてる人は気づいてると思います。種明かしをすると次に▲6一飛車を狙ってるわけです。

 

もし仮にこの飛車を△同銀と取ってしまうと相手の王様が角で取られてしまう訳です。

先入観って怖いですね。

 

 

飛車は最強の攻め駒だから飛車を捨てるなんて考えがそもそもないですよ(強い人は考えるけど)

僕も指してから気づきましたし。

 

 

で、この大逆転出来ることに気づいて

相手が気づかないことをただただ祈ってました。

 

ここで相手が1分の長考。おそらく角切りから厳しい攻めがないかを確認してました

そして

 

 

相手が守る以外の手を指したので形勢はハッキリと僕の勝ちとなり。

詰みまで持っていきました!

 

 

馬を作られてからだいぶしんどかったですが、諦めずに指して良かったです。

将棋は逆転のゲームと言いますが本当にそうだと思った1局でした。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

次回も見てください笑笑

コメント

  1. さばかんの産みの親 より:

    ゲーム実況はYouTubeでやれや