✓当ブログのコンテンツには広告を含むことがあります

男の娘が主人公!?『オトメ世界の歩き方』はダウンロード版とパッケージ版どっちがおすすめ?

ゲーム
ゲーム R18
この記事は約3分で読めます。

美しょゲーブランド オルトロスから、男の娘(↑左の子)が主役のディストピア世界女装潜入ADV『オトメ世界の歩き方』(略:おトメき)が2024年8月30日に発売!

美少女ゲーでは珍しく主人公にも立ち絵やボイスがあり(もちろん可愛い声)、Hシーンはどうなっちゃうんだ!?と気になりすぎてる本作。

人気イラストレーターのmignon氏が原画を担当されていたり、発売前からX(旧Twitter)でも話題になっていましたが、DL版とパッケージ版があるということで、それぞれのメリット・デメリットを書いていきます。

パッケージ版
  • 箱を棚に飾れる(コレクション)
  • 手元に届かないと遊べない
  • 描き下ろしタペストリーや抱き枕カバー(男の娘)などの特典付き版がある※無くなり次第終了
DL版
  • すぐに遊べる
  • DL版限定!主人公 ユイ(CV:歩サラ)のシステムボイス集+ボイスドラマの特別セットが定常販売
  • 2024年7月22日(月)16時59分まで、抱き枕カバー(男の娘)が配送されるセットが限定販売!

抱き枕カバーは主人公のユイちゃん(くん)のイラストです↓

FANZAより引用

素材は「A&J製ライクトロンリッチ生地」サイズは「W500mm×H1600mm」となっています。

定価はどちらも変わりませんが、DL版だと2024/08/30 00:00まで20%のポイント還元が開催されているため、ゲーム本編だけ遊べればいいという方であればダウンロード版がおすすめです。(1,760pt~4,460pt還元)

 ダウンロード版

ダウンロード版はDMMの独占配信となっています。今後DLsite等で販売されるかは不明です。

DMM
商品ページはこちら

世界観を簡単に説明すると、時代はAIに管理された21XX年、50年前に『男女隔離法』が制定されたことで、世界はフェミニストたちによって乙女たちの理想郷と化している…(男性は少年でも戦地行き)

女性だけが暮らす首都・新東京市には、女性の軍隊新兵を養成するアカシア女子学園があり、女装主人公の片桐ユイはとある事情から潜入することにーー

主人公の見た目は可愛いらしい女の子ですが、アレが生えているためバレたら極刑…と、常にドキドキハラハラがつきまとっています。

主人公のユイちゃんに女装の趣味があるわけではなく、結果的に女性のフリをしなければならない立場なので、初めは一人称の「私」に慣れておらず、義妹と練習したという背景があったり、脚を広げて座ったりしないよう気を付けている…という設定が良いと思いました。

登場キャラにはポンコツの入ったおてんば娘から鬼軍曹、お姉ちゃん(お兄ちゃん)を守りたいボクっ子義妹、感情表現が苦手なコミュ障キャラがいます!

ヒロインが「夢は、男を皆殺しにすることです!」と言っているのがもうヤバイですね。女装×軍服×銃×美少女が好きな方なら楽しめる作品でしょう。

 コレクターはパッケージ版がおすすめ

パッケージイラストが可愛いですから、棚に飾りたい方もいるでしょう。店舗別の描き下ろしタペストリー特典や抱き枕カバーの予約特典が貰えるので、現物が欲しい方はパッケージ版がおすすめです。

本記事の内容は以上です。

コメント