大学と専門学校の違いについて編入学生の僕が語る

雑記
雑記
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!

今回はタイトルにある通り「大学と専門学校の違い」について語らせて頂きます!

どちらに行くか悩んでいる人はぜひ参考にしてください!

※私はIT系の専門学校(2年制)を卒業し、理系の大学に3年次編入しました。そのため、本稿の内容は文系の方には物足りない内容になります。ご了承ください。

スポンサーリンク

学校生活について

◇専門学校の場合
中学、高校のようにクラスに分けられます。担任の先生もちゃんといるため、イベント(就活)の情報がしっかり伝えてくれるのでありがたい。
あと、クラスメイトとずっと一緒に過ごすため、友達ができやすいです。

◆大学の場合
担任がいないので、休講日の情報だとか就活イベントの話だとかは一切入ってきません。学校のホームページで確認するだとか、掲示板で情報収集することになります。
友達は、、、サークルに入ると出来ます。

 

時間割り

◇専門学校の場合
中学、高校のように平日は授業ばかりです。
ただ、あなたの興味のある分野について深く学習することができるため、嫌いな授業がほどんどないのは強みですね。

◆大学の場合
時間割りを自分で組めるので、自分のライフスタイルに合わせて学校に通える。
私は3年の前期、火・水曜日を休みにしていました笑

しかし、単位取得のために時には受けたくない講義も受ける必要があります。まじで面白くないしなんで大学に入ったのかわからなくなります。

 

授業の雰囲気

◇専門学校の場合
私はIT系の学校だったので、パソコンを使う授業が多かったです。1年次の前半は基礎を固めるためにテキストを使った授業が多かったですが、それ以降はバンバン作品作りです。(スマホアプリ作ってました)
そして授業中、分からないところがあれば気楽に先生に質問できたのは非常に良かったです。

◆大学の場合
ほとんどの講義が座学なので教授が話していることをノートに書きます。学生も100人ほど教室にいるため、講義中の質疑応答は基本できないと思った方がいいです。講義が終わった、教授に質問をしたり、メールで確認している学生が多くいます。技術的な講義では理解できずに放っておくと、次回以降の講義でついていけなくなるため注意が必要。

 

資格取得について

◇専門学校の場合
専門学校では資格取得のための授業があります。
強制的に資格試験を受けされられるため、怠け者の私には凄く良かった!
おかげで私は2年間で8個ほど資格を取得しました!

◆大学の場合
大学は強制的に資格の取得をさせるわけではなく、「まぁ資格があれば就職有利になるから、取れるんなら取っといた方がいいよ〜」ぐらいの感覚です。
大学に入ると自分の時間がたっぷりあるので、バイト漬けの生活にせずに、自主的に資格の勉強はした方がいいです。

 

卒業の仕方

◇専門学校の場合
私の学校では卒業制作というものがありました。専門学校で学んできたことをこの卒業制作で出し切ります。それが完成すると、展示会のようなものをして卒業となります。その展示会には一般の方から企業の方まで来るため結構緊張しました(笑)
私が通っていた専門学校にはIT系やイラスト系や音楽系など色んなジャンルの学部(?)があったので、色んなものが展示されていたので面白かったです。要は作品を造れば卒業できます

◆大学の場合
私が理系なので理系のお話をします。大学4年生になるとほどんどの日を研究室で過ごすことになります。私は人工知能についての研究室にいるので、なにか解決したい課題を決めてそれについて徹底的に研究し、その成果を論文という形でまとめ教授に提出します。その論文がOKだったら卒業できます。

 

最後に

上記で専門学校と大学の違いについて書いてきたので、最後に私なりの専門と大学のいい所についてまとめます。

専門学校のまとめ・専門的な技術がしっかり身につく
・資格が取れる
・仲間ができやすい

私は専門学校から大学へ編入しましたが、技術が身についているため、編入後もしっかり講義についていけています!専門学校に行って正解でした!

 

大学のまとめ・自由な時間が多い
・自由な時間が多い
・自由な時間が多い

「自由な時間が多い」…これは裏を返えせば「ヒマ」ということになります。

大学には勉強するために入りますが、この与えられた自由な時間をバイトだけに使うのは勿体ないです。人生について考えてみたり、なにか新しいことに挑戦できる期間なので、大事に使いましょう!

以上で本稿は終了ですが、今回の内容は私が通っていた学校の話なので、全ての専門学校・大学に内容が当てはまる訳ではありません

しっかり自分が行こうとしている大学について下調べをして、進学先を選びましょう!

コメント