✓Amazon ゲーム売れ筋ランキング

DXRacerのおすすめモデルはどれ?シリーズは何種類ある?【ゲーミングチェア】

ゲーム
ゲーム レビュー
この記事は約9分で読めます。

座り心地が良いゲーミングチェアが欲しくてDXRacerを見てるんだけど、どんなシリーズがあるのか知りたい。

DXRacerはゲーミングチェアというカテゴリーを切り開いたブランドで、多くの公式e-Sports大会でチェアが採用されるなどの実績があります。

DXRacerは様々なシリーズを販売していますが、あなたの体型にあったゲーミングチェアを選んだ方が後悔しないと思うので、身長別におすすめのゲーミングチェアを紹介していきます。

関連記事 AKRacing、GTRACING、DXRacer比較してみた

DXRacer公式サイト

標準身長の方におすすめのゲーミングチェア

身長が155~175cmの方におすすめのシリーズを紹介します。

フォーミュラシリーズ(スタンダードモデル)

値段29,800~39,800円※素材によって変わります
リクライニング135°(ゆりかごモードにすると最大150°)
耐荷重90Kg
大きさ幅73x奥行73x高さ120~129x座面高41~51cm 「推奨身長」155cm~175cm
アームレスト(肘置き)高さ調整のみ
素材ファブリック※PUソフトレザーのモデルもある
カラーバリエーションレッド、オレンジ

国内外でのe-Sports大会で採用される人気シリーズです。

人間工学に基づき、日本人の体型に合わせて作られているので、包み込まれたい&長時間ゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

ファブリック素材は通気性に優れており、年中快適に座ることができます。PUソフトレザーのモデルもありますが、値段が1万円加算されます。

DXRacer (ディーエックスレーサー) フォーミュラシリーズ

DXRacer (ディーエックスレーサー) フォーミュラシリーズ

27,591円(09/23 22:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

ドリフティングシリーズ(ワイドモデル)

値段45,800~47800円※デザインによって変わります
リクライニング135°(ゆりかごモードにすると最大150°)
耐荷重約90Kg
大きさ幅73x奥行73x高さ117~126x座面高41~50cm 「推奨身長」155cm~175cm
アームレスト(肘置き)高さ調整のみ
素材PUソフトレザー
カラーバリエーションレッド、ホワイト、ブラック、バイオレット、ライトブルー※デザインによって変わります

上記のフォーミュラシリーズよりも、背もたれが低く、座面の奥行きがあるモデル。

ホールド感は他シリーズよりも弱めで、深く座りたい&ゆったり作業したい方におすすめです。

オーソドックスなデザインから爽やかなデザインまで、カラーバリエーションが豊富で、ブラック(DX-03BK)は人気で公式サイトでも在庫切れになっています。

DXRacer (ディーエックスレーサー) ドリフティングシリーズ

DXRacer (ディーエックスレーサー) ドリフティングシリーズ

45,800円(09/24 14:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

高身長の方におすすめのゲーミングチェア

身長が170~190cmの方におすすめのシリーズを紹介します。

レーシングシリーズ(ハイバックモデル)

値段45,800円
リクライニング135°(ゆりかごモードにすると最大150°)
耐荷重
大きさ幅73×奥行73×高さ126cm~135cm「推奨身長」175cm~185cm
アームレスト(肘置き)3Dアームレスト(上下、前後、左右首振り)
素材PUソフトレザー(張地) クッション(非再生ウレタンフォーム) ベース(強化ナイロン樹脂),キャスター(ウレタン樹脂)
カラーバリエーションホワイト、レッド

細身で高身長の方(175~185cm)におすすめのモデル。

座り心地については、フォーミュラシリーズよりも背もたれが高い作りになっており、スタンダードモデルの上位版的な位置付けですが、包み込み感が少ないという特徴があります。

ヴァルキリーシリーズ(ハイバック&ワイドモデル)

値段49,800
リクライニング135°(ゆりかごモードにすると最大150°)
耐荷重110Kg
大きさ幅73×奥行73×高さ129cm~139cm 座面高46cm~56cm「推奨身長」170cm~185cm
アームレスト(肘置き)3Dアームレスト(上下、前後、左右首振り)
素材座面:パーフォレイテッド(ピンホール)レザー,背もたれ:PUソフトレザー/カーボン調PVCハードレザー
カラーバリエーションレッド、ブルー、ホワイト、ゴールド

180cm以上の方でも安心して長時間座れるゲーミングチェア。

肘置きは上下、前後、左右に動く3Dアームなので、自分好みの位置に調整できます。

レビューによると、組み立てが簡単で10分ほどで完了したとのことです。他のブランドだと30分ほどかかることもあるので、組み立てが苦手な人にはありがたいですね。

また、ヴァルキリーシリーズは人気なのでAmazonでは売り切れになっていることがあります。気になる方は公式サイトも確認してみて下さい。

キングシリーズ(ビッグモデル)

値段59,800円
リクライニング135°(ゆりかごモードにすると最大150°)
耐荷重約150Kg
大きさ幅75×奥行75×高さ132cm~139cm「推奨身長」180cm~190cm
アームレスト(肘置き)4Dアームレスト(上下昇降・左右首振り・前後スライド・左右スライド)
素材PU + PVCハードレザー
カラーバリエーションレッド、ブルー、グリーン、ホワイト、ブラック

キングシリーズは背もたれ・座面が一番大きいモデルで、強度の高い部品を使用しているので、体系の大きい方でも安心して座れます。

配信者で体重が約160Kgある恭一郎さんが座っても壊れないので、大体のひとは問題なく座れると思います。

女性や小柄な人におすすめのゲーミングチェア

身長150~170cmの方におすすめのゲーミングチェアを紹介します。

クイーンシリーズ(コンパクトモデル)

値段25,250円
リクライニング135°(ゆりかごモードにすると最大150°)
耐荷重90Kg
大きさ・シート幅:47cm(座部31cm)×シート奥行:46cm×シート高さ:78cm
・座面昇降:(地面~座面上部):42-52cm
素材座面・背面生地:ポリエステル
フレーム芯材:座金:スチール
シリンダー:スチール
キャスターベース:ナイロン樹脂
キャスター:ポリウレタン樹脂
カラーバリエーションレッド、ブラック

DXRacerのモデルの中で一番コンパクトなモデル。勉強机に使われる方が多い印象です。

限られた機能に絞り込み、省スペース・機能性・コストパフォーマンスを兼ね備えたチェアになります。

首と腰のクッション、ひじ掛けはないですが、ギターなどを弾くのに最適という声がありました。

プロゲーミングチームとのコラボシリーズ

DetonatioN Gaming Limited V2

値段49,800円
リクライニング135°(ゆりかごモードにすると最大150°)
耐荷重
大きさ幅73cm x 奥行73cm x 高さ127-136cm
アームレスト(肘置き)3Dアーム(上下、前後、左右首振り)
素材PUレザー

DXRacerとプロゲーミングチーム「DetonatioN Gaming」とのコラボ製品です。

レーシングシリーズをベースに作られており、背面がホワイトでカッコよく仕上がっています。

Amazonや楽天にはなかったので、公式オンラインサイトから購入するしかなさそうです。

DXRacer公式サイト

忍ism Gaming Limited

値段49,800円
リクライニング135°(ゆりかごモードにすると最大150°)
耐荷重
大きさ幅73cm x 奥行73cm x 高さ127-136cm
アームレスト(肘置き)3Dアーム(上下、前後、左右首振り)
素材PUレザー/パーフォレイテッドレザー

DXRacerとプロゲーミングチーム「忍ism Gaming」とのコラボ製品です。

こちらもレーシングシリーズをベースに作られています。

DXRacer公式サイト

DXRacerに座椅子モデルはある?

DXRacerのシリーズにゲーミング座椅子はありません

ゲーミング座椅子はAKRacingという人気ブランドで取り扱われてます。

1万円台で買えるブランドもありますが、あまり良い評判は聞きません。

DXRacerにオットマンはある?

ゲーミングチェアの座面の下に、足を乗せられるオットマンが付いてるモデルはある?↓こんな感じのやつ

残念ながらゲーミングチェアに備え付けられているオットマンは別のブランドのゲーミングチェアです。

キャスター付きのオットマンがある

オプション機能でオットマン(フットレスト)は買えます。

キャスター付きのオットマンですが、公式サイトから購入可能です。

DXRacer公式サイト

コメント