【R6S】レーザーサイトは付けるべき?メリットデメリット考察してみた

R6S

こんにちは!

 

レインボーシックスシージで遊んでいて思うことがあるのですが、武器のアタッチメントに【レーザーサイト】というものがあります。これの詳細を見てみると

『レーザーによって腰撃ちの精度を上げる装着式のサイト』と書いてあり、腰うちの精度が上がると書いてありますが、単純に考えれば銃の性能が上がるので付けた方いいと思いますよね。しかしこのレーザーサイトを付ける派・付けない派でずっと論争が起きています(笑)

 

 

一体なぜ付ける派・付けない派で別れてしまったのか、レーザーサイトを付けた場合のメリット・デメリットについて考察していきましょう。

スポンサードリンク

メリット

腰打ちの集団率が上がる。
クロスヘアが狭まるため弾が散らばりません、逃げてるドローンを破壊する際とても役立ちます。私は防衛側でスピード1のオペレーター(ROOKやDOC)にレーザーサイトを付けています、なぜスピード1のオペレーターに付けているのかは次のデメリットでお話します。

 

ショットガンをメインに使ってる方は絶対に付けておいた方がいいでしょう。弾が散らばらないのでより遠くの敵にでも1発で倒せるようになります。

 

 

デメリット

敵に位置がバレるという点です。壁に銃口を向けてもらうと分かりますが、結構赤いポインターが濃く映ってますよね、これは敵にも見えているので位置がバレやすくなります。

 

ポインターがよく目立つんです。
「オレはここに居るゾ〜」って言ってるのと同じです。

 

 

またスピード3(カベイラやエラなど)の遊撃専門オペレーターは敵にバレずに奇襲をするのが本分なので付けない方がいいですね。

 

 

角待ちをしていてもバレてしまいます。敵に見えないように床などにポインターを当てて待っていても、エイムが間に合わず負けてしまいますもん。

 

 

なので、遊撃にいかないスピード3(ルークやドクなど)と言ったオペレーターは結局拠点に篭るので付けたところで場所はバレているので、付けたい人は付けていいのではないでしょうか(笑)
私はレーザーサイトがカッコイイのでルークに付けています。

【R6S】初心者におすすめのROOKについて立ち回り方や装備について話すよ
初期の頃から登場していてよく使われている大人気オペレーターのROOKについて解説していきます。 初心者によくオススメされているオペレーターの1人ですが、いったい何がそんなにいいのかも考察していきましょう! スタッツ アーマ...

ルークの立ち回り方などについて解説しました

 

 

ここまで防衛側についての話でしたが、攻撃側オペレーターにレーザーサイトを付けるのはアリなのか…..という事ですが私の経験から言うとナシでしょうね。いかに敵の意表を突いて攻めるかが攻撃側の鍵ですから、ポインターでわざわざ場所を晒すメリットがないですよ、ええ。

まとめ

以上をまとめるとレーザーサイトを付けると「腰打ちの集団率は上がるが敵に位置がバレてしまうリスクがある」です!

 

さらに、アタッチメントにしては高価な200名声もするので個人的には必要ないのかなーって思います(笑)

全オペレーターに付けるとなると200名声×36(現在のオペレーター数)×2(メイン・サブウェポン)=14400名声もかかってしまいます。無駄遣いをせずに今後追加されるオペレーターのために貯めておくのも手だと思います。

コメント