居酒屋バイトの俺が社長との心理戦で勝った話

この記事は約2分で読めます。

こんにちは!

いやぁ…先ほど居酒屋バイトが終わってちょうど帰ってきたのですが、うちの店のオーナー(社長)が珍しく客として来たんですよね。

急に電話で『今から行く』って告げられ、場は一気に凍り付きました(笑)

 

で、30分後に社長と美人社員Yさん(僕を採用してくれた面接官)が来店してきたんです。美人のYさんと会うのも1カ月以上ぶり?なんでテンション上がりました。

Yさん「おっ!久しぶり(^▽^)/」って明るく挨拶してくれた!

モエーーー

 

まあ、ここらへんの話は正直どうでもよくて、タイトルにある「社長との心理戦に勝った」ってどうゆうこと?って話ですよね

超簡単に説明すると、社長がお刺身の盛り合わせ(7種類くらい)を注文されました。僕はキッチン担当ではないので、キッチンの人が作った料理を客席に運ぶわけですが、お刺身の盛り合わせに使われている魚の名前がいっさい分かりませんでした。

いつも刺身の種類が分からないまま料理を運んでいるのですが、相手は社長ということもありここは【しっかり刺身の種類を言えるようにしておこう】と思いキッチンの人にしっかり聞いて料理を出しました。

おまたせしました~こちら刺し盛りでございます

ありがとう。…..で、刺身の種類はなにかな?(ドヤ)

キタキタキターーーー!!!!

 

はい。左から「かんぱち」「スズキ」「真鯛」….

全部言ってやりました!近くで美人社員のYさんも見ていたので良い所見せられました!!

まあ、普段から料理の説明はできるようにしておかなきゃいけないんですけどね(笑)

今回の報告はおわり!

コメント