【集中力UP】1日を充実させるには脳の活性化から!疲れない脳の作り方は?

雑記
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

一日を無駄に過ごさないためには頭を常に元気にしておく必要があります。本を読むにしても勉強するにしても頭が疲れていては集中できませんし、ずっと眠気と戦うことになってしまいます。

「気づいたら夜の11時…今日は何もできなかったな…」

↑これもうやめたいですよね?

私も10代のころは夜更かしばかりしていて学校で授業もろくに聞かずに寝てました。

そんで学校が終わったらすぐバイトに行き一日が終わるのです。

しかし、大学生に進学してから授業に付いていけなりました。冷静になって考えてみると授業中ずっと眠くて集中できていなかったんです。

 

特に昼食を食べたあとの13時から14時がめちゃくちゃ眠い!

これは何とかしなけらばいけない!ってことでとにかく「頭を活性化させる方法」を調べに調べまくりました。(心理学まで手を出してた…w)

で、最終的に出た答えがこちら

・7時間以上は絶対に寝る

・10分~15分間の昼寝をする

・ブドウ糖を積極的に摂る

よく耳にするものばかりですが、実際に試したことある人いますか?

私はあまのじゃくな性格であるために実践はしてこなかったんですが、まあ一回くらいならやってるかってことでやりました。

するとホントに今までの生活が一変するくらいの変化が起きたので、今回はそのことについて共有していきます。

スポンサードリンク

7時間以上は絶対に寝る

人にはそれぞれ最適な睡眠時間は違います。

6時間で充分な人もいれば8時間睡眠が最適な人もいるので、まずはあなたにぴったりな睡眠時間を見つけることから始めましょう!

朝から睡眠不足だと夜まで疲れが続きますから、良質な睡眠だけは取るよう心掛けて下さい。

寝る前にやらない方がいいこと・コーヒーを飲む(カフェイン摂取)

・スマホをいじる

・二時間まえにご飯を食べる

↑は睡眠の質が下がるのでやめることをおすすめします。

 

昼寝をしてみる

昼寝といっても「夢を見るくらいガッツリ寝ろ」ということではありません。

10-15分間だけデスクの上にうつ伏せで寝てみましょう(目をつむってるだけでOKですよ)

実はこの昼寝をするだけで頭が整理されて起きた時にすっきりします。

どこかで見ましたが、7-8時間分の睡眠効果が得られるそうです。

 

ここから私の応用になりますが、昼寝をした後に冷たい緑茶を一口飲んでみてほしいです。一気に頭が活性化して集中力が夜まで続くのが分かります。

 

ブドウ糖を食べてみる

脳のエネルギー源はブドウ糖です。

将棋のプロ棋士は対局中、ラムネを食べることはご存じですか?

ラムネはブドウ糖の塊なので、頭の疲れをとりたい場合に重宝するアイテムです。

私もプログラミングの授業の時にラムネを食べて集中力を保っています!

私のおすすめは森永製菓の大粒ラムネです。

通常のボトルタイプのラムネより、大きさが1.5倍なので食べ応えがあって大好きです。

 

まとめ

繰り返しですが、頭を活性化させて勉強・仕事の効率を上げるには

・7時間以上は絶対に寝る

・10分~15分間の昼寝をする

・ブドウ糖を積極的に摂る

これら3つの方法を実践してみましょう!

きっといい結果が得られるはずです!

コメント