時代は無料ゲー!Fortnite・Apexから見えてきたゲーム業界の流れ

ゲーム

こんにちは!

最近、ゲーム業界が大きく変わってきた気がします。

ゲームの完成度・面白さが最高クラスの物が無料でリリースされているんです。例えば「Fortnite」や「Apex Legends」

そして、この2つのタイトルはどちらも大成功を収めてるので、今回はその事について話していきます。

スポンサードリンク

成功事例その1・フォートナイト

Epic Gamesが配信している「Fortnite」の事例を元に話します。

PUBGというバトルロワイヤルゲームが発売されてから、バトルロワイヤルに注目がすごく集まりました。

Fortniteもこのバトルロワイヤル要素を追加したことで人気が出ましたが、現在では元祖であるPUBGのプレイ人口を大幅に上回り、売上も2018年で約2600億円も稼ぎました。

まあFortniteがプレイ人口を大きく上回るのは当たり前っちゃ当たり前ですよね。無料ゲームなんですから

問題?はその無料ゲームの売上が有料ゲームの売上を上回ってることですよ。

無料ゲームなのに何故そんなに売れてるのか、それは課金にあります。

フォートナイトにはデフォルトスキンが6種類程あり、試合毎にランダムで変更されます。

人気ゲーム故、ずっと同じキャラクタースキンで遊ぶのは飽きが来てしまいますよね。

そこに目をつけたEpic Gamesはかわいい・おしゃれなコスチュームのアイテムを売り出しました。

他のプレイヤーと差別化を図りたいプレイヤーはそのアイテムを購入してしまうんですね。

これによりEpic Gamesは大成功を収めることになったのです。

当の私もキャラクタースキンを沢山買っています( ﹡・ᴗ・ )b

成功事例その2・Apex Legends

2019年2月5日から無料配信された「Apex Legends」

配信開始から僅か72時間でプレイヤー人口1000万人を達成しました。

 

上記でも話したフォートナイトですら1000万人達成するのに2週間かかっているので、どれだけ話題になってるか分かると思います。

Apex Legendsもフォートナイトと同じように武器スキンの課金によって収益を上げるビジネスモデルにしているので、今後の売れ行きに期待したいと思います。

まとめ

「Fortnite」「Apex Legends」ともにゲームの面白さや完成度は最高クラスです。

この最高クラスのゲームが無料で遊べる時代になっているので、今後は全てゲームを無料化して行かないとユーザーが全て無料ゲームに流れてしまう事になるかもしれませんね。

そして、売り上げを出すには課金機能をうまく利用し、どうしたらユーザーが課金してくれるか、課金したくなるかを考える必要がありそうです。

コメント