【初心者向け将棋講座】対局前の準備!駒の名前と動き方を覚えよう!!

こんにちは!

※この記事はこれから将棋を始める人や興味がある方への将棋の普及のために書いた記事なので、将棋の経験者には物足りないと思いますのでご注意を。

スポンサードリンク

駒の動き方と説明

ここでは画像を見ながら駒の動き方を確認していきましょう、駒には8つ種類があります。

 

 歩兵(将棋的には「ふひょう」と読む)

 

前に1歩しか進めない、1歩1歩一生懸命がんばる努力家な駒だ!歩をたくさん持つといい事が起きるかも・・・?

 

 

 

 

 香車(きょうしゃ)

 

前にずっと進めるが後ろには決して下がれない駒(´;ω;`)個人的には一番好きな駒です(笑)

 

 

 

 

 桂馬(けいま)

 

動きはチェスでいうルークに似た駒で前にしか進めないそして唯一自分と相手の駒を飛び越えれる!!これは確かに馬だ・・・

 

 

 

 銀将(ぎんしょう)

 

斜めと前に1歩進める、守と攻めのどちらでも仕事をしてくれるオールラウンダー、あの羽生善治さんが好きな駒だそう。

 

 

 

 金将(きんしょう)

 

斜め後ろにだけ進めない、守りに優秀で相手を詰ますときにも欠かせない駒!!下段にいると隙がなくなってとても厄介(;^ω^)

 

 

 

 角行(かくぎょう)

 

斜めにいくらでも動ける、私のイメージではこの駒は弓矢です(笑)成り角は守りに最強です

 

 

 

 飛車(ひしゃ)

 

縦横にいくらでも進める縦横無尽のみんな大好き攻めで最強の駒!!

 

 

 

 

 王将、玉将(おうしょう、ぎょくしょう)

 

縦横斜め全てに1歩進める駒、取られると負けてしまうので金銀で守ろう;;;;

 

 

 

 

駒の分け方として角、銀は斜め駒 歩、香、金、飛は縦駒 桂、王は特殊駒と呼ぶ人も中にはいます。

歩兵や桂馬や香車や銀将は角や飛車に比べると一見弱そうですが、この子達には角や飛車を追い詰めたり敵の陣形をめちゃくちゃに崩したりとすごい技が沢山あります!!

中でも歩には小技のがかなりあるので覚えておくと周りに差をつけれるでしょう!!それは後ほど。

閲覧どうもありがとうございました(^^)/

また次の記事でお会いしましょう!次は【成る】についてです。

コメント