将皇レベル5に居玉で挑んでみた結果…最短手数で勝ちました!

こんにちは!

前回、将皇という将棋アプリのレベル5を相手に最短手数で勝利した棋譜を載せました。

【将皇レベル5】最短手数で勝利した棋譜
こんにちは! 将皇というスマートフォンアプリで日々練習をしている私ですが、大体レベル5を倒すのに、最短でも80~90手はかかってました。(アプリ版ではレベル5が一番強い) そして今日もいつも通り将皇と戯れていたら、なんと63手で...

この時は63手で倒せたわけですが、、、今回の記録もまた63手でした( ´∀` )

 

棋譜を並べた動画を用意したので、興味があればご視聴ください♪

スポンサードリンク

ちょっとだけ棋譜解説

 

序盤は角換わり調の出だしでしたが、将皇が△44歩として角道を止めました。他の将棋ソフトなら角道を止めずに果敢に攻めてくるので、こういう落ち着いた手を指されるとビクッとします(笑)

こちらは角道を開けてるので最初の主導権は握れそうだと思ったので、早繰り銀で攻めていきました。

 

戦型が相居飛車のとき、ほとんどの場合は6九の金が7八の地点に居ます。しかし、今回はあえて金を上がらずに戦ってみました。こうすることにより、相手の飛車が△8九飛車成としたときに王手にならないようになっていました。

よってこちらは守りを気にせずに気持ちよく攻めれた訳です♪

youtubeも始めました!

【将皇レベル5攻略】居飛車穴熊vs三間飛車穴熊を解説!

今後、将皇との対局の動画を解説付きで投稿するので、チャンネル登録してくれると嬉しいです(o^―^o)
>>私のYouTubeチャンネルはこちら

最後まで読んで下さりありがとうございました。

コメント