ど素人がSwiftでiPhoneアプリを制作してみた

雑記

学校からswiftを使ってアプリを作れと言われたので、簡単なアプリを作りました。

名前はダサいですが「フルーツマッチ」と名付けました(笑)

このアプリの趣旨は、ネットショッピングで商品を購入するとき、商品の詳細に○○gと重さが書かれてますが、実際そんなこと言われても重さのイメージがつかないと思います。

そんな時、具体的な重さを教えてくれるのがこのアプリです。

スポンサードリンク

 メイン画面

まだ試作品なので、画面のデザインはシンプルに作りました。

使い方

  1. テキストボックスに測りたい重さを入力する。
  2. 入力が終わったら『測定する』ボタンを押すだけで、簡単に測定が可能となります。

これで、「600グラムはリンゴ2個分の重さかぁ」と分かる訳です。

 

赤枠で囲ってあるところで基準にする重さを選択することができます。

色々な種類が選べるため、さらに具体的な重さをイメージすることができます。

現状はリンゴ・ぶどう・バナナの実装が完了しています。

発表してみて

制作したアプリをクラスメイトの前で発表しました。私のアプリの内容がくだらなすぎて笑われました(笑)

他の人たちの発表を聞くと、質の高いシューティングゲーム作ってきた人がいて実力の差を見せつけられました・・・

私ももっと勉強して、売れるアプリを作りたいと思いました。

コメント