【将棋ウォーズ】初段までの道のり〜向飛車対策▲4五歩〜【第3局目】

将棋

こんにちは!

 

将棋ウォーズで初段になるまでを描いた物語で、今回で第3回目や!!

 

 

初心者向け講座だと

どうしたら分かりやすいかな~?

 

 

って考えながら書くから 時間がかかって更新ペースが遅くなるけど、その隙間を埋めるのにこの将棋ウォーズは日記感覚で書けるから楽しいね!

 

 

今回もマッチング設定は【かなり強め】でやって行きます!

 

 

【かなり強め】は1勝する事に体感5%ずつ達成率が上がるから効率が1番いいです!

スポンサードリンク

3局目

初段の方と当たりました

よろしくお願いします!

 

 

初段を目指している身としては、やはりここは勝っていきたいです。

先手盤は私が頂いたので▲2六歩で居飛車じゃあああ!!!!

 

 

角道を開けてきたので▲2五歩として3三角の形に限定させます。

 

 

この3三角に限定させるのが僕の工夫で、第1局・第2局までは3手目はこちらも角道を開ける作戦にしていたのですが、これだと相手が角を交換してくる変化があり力戦にされる恐れがあるのです。

 

 

そして、3三角と相手にさせておけばこちらが角道を開けても角交換してくる恐れがないのだ!

なぜなら、前者と後者で比べると

前者

後者

 

 

1手2五歩と歩が伸びていて1手、、いや同銀と上がれてるから2手も得をしているからだ!!!!

 

 

よって相手に角交換をするという選択肢がない訳で3手目は▲2五歩とするようにしました。(プロではあまりやらないみたいだけど…)

 

 

こちらが居飛車に対して相手はダイレクト向飛車です。

プロの佐藤康光先生がよく指されてると思います。

 

 

いつでも飛車交換できる戦法なので、飛車に対して強い囲いで向かい打つべく、左美濃囲いに組みました!

 

 

△2四歩と相手が攻撃を仕掛けてきました、▲同歩と取るんですが、次に相手には2つ選択肢があります。

同角or同飛車がありましたが、相手は△同角を選択してきました。

 

個人的には△同飛車とこられると飛車交換することになって嫌だったのでちょっと安心ε-(´∀`*)ホッ

 

 

そして△同角には▲4五歩がカウンターの1手!

 

△同歩なら飛車を取れるし放置しても4筋からゴリゴリ行けそうです。

我ながらいい手だと思いました(笑)

 

実戦は相手が△3三角と4筋を受けてきましたがちゃんと読みに入ってます。

ここでは、▲2二飛車成→△同角と飛車交換に成功

 

 

2三に飛車を打って飛車成りが確定しました、このまま優位に進めることができ

 

 

この局面

相手が6二にいる銀を無視してきて と金で突っ込んできました。

 

 

勝負手なのか分かりませんが、、、

 

 

しかし、こちらの銀の方が相手の玉に近い上に手番なので形勢的には勝勢です。

このまま押し切り

 

 

勝ちました!!!!!!

ダイレクト向飛車はいきなり飛車交換してくる筋があり苦手でしたが今回はたまたま勝てたのでよかったです!!🙌

 

 

これで三連勝目や!

次回もお楽しみに♪

コメント