【将棋初心者向け】受けの手筋「敵の打ちたいところに打て」を解説

今回は将棋の格言にある受けの手筋『敵の打ちたいところに打て』の解説です。

プロの対局でも頻繁に出てくる手筋であり、これを覚えれば簡単に負けることがなくなって、不利な局面からでも逆転を狙えます。

それでは解説の方へ移ります。

 

分かりやすく説明するためにこの様な局面を用意しました。

次に相手から指される手として、嫌な手が一つありますね。相手の持ち駒は桂馬です。

 

 

この桂打ちが怖いですね。相手は「次にここに桂馬を打ちたい!」と思っています。

ここであの格言の出番!

『敵の打ちたいところに打て』です。

 

 

敵に打たれる前に自分で駒を打ってしまえば、このように自陣が安全になりました。

次に相手からの攻めはなくなって、こちらはやりたいように攻めることができます。

実戦でも使える手筋ですので、積極的にこの手筋を指しましょう♪

 

コメント