ネット将棋大会でソフト指しが大変目立って悲しくなった

将棋

こんにちは

2018年3月11日にYouTubeライブで将棋の大会が行われた。
主催者は将棋の動画を投稿している【将棋】嬉野流チャンネルさんで、チャンネル登録者が2千人を突破した記念で開かれた大会だ。(1位~3位には景品がでる)

 

>>>嬉野流チャンネルさんのチャンネルはコチラ

 

参加者人数は53名で、中には他の将棋動画を投稿している人気のYouTuberさん方も参加していた。
大会の形式だが、初心者(級)~八段で構成されたトーナメント戦である。

 

嬉野流チャンネル登録者2000人突破記念大会!!!

順調にトーナメントは進んでいったが、ベスト4にはなんと初心者・14級・四段・八段が残り、まさかの展開になった。

ライブのコント欄では「これが級位者か…」「近頃の級位者って強いんですね」などと言ったソフト指しを疑うようなコメントが目立った。

 

準決勝で初心者と14級が対局をし、双方級位者とは思えない攻めと受けを連発し大熱戦となった末 初心者の方が勝利をおさめ決勝へ駒進める。

そして決勝
八段(レート2943)vs初心者(レート0)というとんでもない手合い違いに、本来ならば格上である八段の方が6枚落ちなどハンデをつけてやるものなのだが、平手で対局がはじまった。

 

結果は初心者の方の圧勝、八段に一度も王手させることなくコテンパンにしてしまった。
準決勝の対14級の方がむしろいい将棋になっていた。。。

投了図

 

もしかしたら優勝した初心者の方がソフト指しではなくて、とんでもない才能の持ち主で自身の力で勝ち上がっていったのなら、その方には大変失礼な記事を書いてしまったなと思いますが

早指しで時間の短い対局で難解な局面を時間を一切使わず、八段というプロに近いレベルの人を相手に大差で勝利してしまうのは普通に考えてありえないです。

 

チャンネル登録者が2000人を達成した記念で開かれた大会なのに賞金が欲しいがためにソフトを使用して大会をめちゃくちゃにするのは、主催者の嬉野流チャンネルさんや大会に参加してくれた他の方々にとても失礼だとおもいます…

 

ソフトは自分が強くなるために使用していくのは賛成ですが、勝ちを目的としたそういう使い方は自分のためにならないですし強くはなれないので、不正をしている人はもう一度考え直して強くなる努力をしてほしいです。

コメント