実戦詰将棋(5手詰)・その5|中段玉を詰ますには?

将棋

44の玉を5手で詰ます手順を考えてください。

ルール:連続王手で詰ましてください。禁じ手(二歩や打ち歩詰め等)はだめです。持ち駒は余っても構いません。

※実践のため解答は複数存在する場合があります。

解答と解説は下にあります。

 

解答・解説

解答例:▲45金△同玉▲56角打△44玉▲43金打までの5手詰となります。

この問題では△34玉から△25玉と逃げられないようにするにはどうしたら良いのかを考えましょう。

先に△43金打などの王手(追う手)を指してしまうと、△34玉と逃げられてしまい捕まりません。

なので初手▲45金と打ち玉を誘い込んでから▲56角で相手玉の逃げ場をなくす手を指すのが正解となります。

また36の地点に歩がなければ▲56角に対して△36玉と逃げれますが、あいにく歩がいて邪魔しているので逃げることができず、頭金で詰みとなります。

実戦詰将棋(5手詰)・その6|玉方の罠に気を付けて
51の玉を5手で詰ます手順を考えてください。 ルール:連続王手で詰ましてください。禁じ手(二歩や打ち歩詰め等)はだめです。持ち駒は余っても構いません。 ※実践のため解答は複数存在する場合があります。 解答と解説は下にありま...

↑↑↑次の問題を用意しました。よかったら挑戦してみて下さい!




コメント

  1. かず より:

    中段玉の詰将棋少ないので、いい訓練になりました!
    ▲4五歩でも詰むと思うけど、▲4五金の方が明快でしたね!

    • ひなさん ひなさん より:

      コメントありがとうございます!
      お役に立てて嬉しいです!問題を作った甲斐がありました(><)